敷金・礼金0円に隠された謎!

敷金と礼金が0円の物件を最近よく見かけるかと思いますが、これには実は重大な謎が隠されています。

初期費用をなるべく安くする為にも敷金と礼金はなるべく少ない方が良いですよね。

しかし、敷金というものは本来お部屋の修繕費として部屋に傷をつけたりした場合は、退去時に敷金からその修理費用を払うのが一般的です。

よって、敷金は退去時のお部屋の修繕費として予備として支払っていますので、お部屋に何も傷や汚れをつけなければ、本来敷金はお客様に返還されます。

お部屋の修繕費やクリーニング代は基本的にお客様に支払ってもらう事が多いので、敷金が0円の物件に関しましては、保証金やクリーニング代として別途でお金がかかる物件が多いです。

結局は敷金1ヶ月分と同じ費用が大体かかりますので、あまり敷金・礼金0円のお部屋を探しても初期費用が劇的に安くなるとは限りません。

敷金・礼金0円という文言で初期費用に魅力を感じてお部屋を見つけても、敷金1ヶ月・礼金0ヶ月のお部屋より、初期費用が高くなる場合もあります。

結論として、敷金・礼金0円無料だからと言って、必ずしも初期費用が安くなるとは限りません。それでも敷礼0円であれば他に費用がかかっても十分に初期費用は安い価格です!

ただ、敷金・礼金0円だけに目を向けない方が良いということです。
 














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML

池袋の不動産屋であるリブスター不動産のfacebook画像