荷物の荷造りは、業者にお金を払えばやってくれ所もありますが、基本的には家電など大型のモノ以外は自分でやることをオススメします。

それは、何故かと言うと、まずは費用を少しでも抑える為です。冷蔵庫やテレビなど大型のモノは自分でやることは難しい為、業者に任せた方が無難です。また大型のモノは無料で荷造りしてくれる場合もあります。よって、大型のモノは業者に任せ、ダンボールに詰めて運ぶものは自分で荷造りすると費用を抑えられます。

もう一つ、自分で荷造りした方が良い理由が、他人に自分のモノを触られたり、見られたりするのが嫌だと思うからです。別に気にしない人はいいのですが、大抵の方は嫌がると思います。

ダンボールに入れられるものは、自分で荷造りした方が良いと思いますよ。

では、荷造りの具体的な方法は、どうすればいいの?

まずは、必要なモノと不必要なモノを分けることから始めたほうがいいです。モノは大事に使ったほうがよろしいですが、不必要なモノをわざわざ持っていくのは違います。

不必要なモノは、不用品買い取り業者に頼むといいでしょう。下記のサイトでは、不要品を買い取ってくれる業者を見積もりしてくれるので、より高い業者に買い取ってもらえます。

不用品を回収してもらったら、荷造りです。ここでは大型のモノは業者がやってくれるという事を想定して考えます。

よって、ダンボールに入る小さなモノについてだけ話します。

まず順序的には、普段使わないモノや収納の奥にあるものから始めます。

それからの順番は何でも良いと思います。

【食器類】

1枚1枚、新聞紙に包んでダンボールに入れます。お皿は 平らではなく立てて並べていきます。こうすることによって上から加重がかかった場合割れにくくなります。また隙間に新聞紙などを詰めて、運んでいる時に食器類が割れないようにしましょう。ワレモノ または食器と書いておけば、運ぶ際に自分でも注意しますし、業者の方が運ぶ時にも細心の注意を払ってくれます。

【 衣類 】

コートやスーツなどはたいてい引越業者の用意するハンガーBOXでハンガーごと運ぶことができます。Tシャツなどの衣類は基本的に軽い為、大きい箱に詰めると良いでしょう。なるべくたくさん入れる為にも、きっちりたたんで入れましょう。着物など特別な衣服には専用のダンボールやケースが用意されている業者も多いので、 問い合わせてみるといいでしょう。

【本・CD】

本は重たいので、小さな箱に入れるようにして、持ち運ぶのに大変じゃない程度に詰めましょう。CDは割れないように新聞紙などで、包んでおくといいです。

【その他】

割れる可能性があるものは、とりあえず新聞紙などに包んだ方がいいです。あとは、一つのダンボールが重くなりすぎないように、軽いものと重いものを1つの箱に入れて、重さを調整しながらも、ギッシリ詰めるといいでしょう。

【貴重品類】

カードや現金など、貴重品で自分で持っていけるものは基本的に自分で持っていきます。持っていくことができない貴重品の場合は、業者のサービスにオプションである場合がありますので、そちらをご利用ください。

細かいポイントとしては、各ダンボールに何が入っているか、引っ越し先でどこに何があったか、迷わないためにもマジックで何が入っているか書いておいた方が良いです。

また、引っ越し先で真っ先に使うもの用のダンボールを1つ作っておくと便利です。

まとめ
大型のモノは業者に任せて、小さいものは自分で荷造りするのが一番オススメ
割れものは新聞紙などで包む。1つのダンボールが重くなりすぎないように調整する。
ダンボールにマジックで何が入っているか書いておくと便利

前のページへ > 2-3.引っ越しに持っていくものを決める |

次のページへ > 2-5.引っ越し前にする手続きする一覧














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML