お部屋探しが終わったら、いよいよ契約です。

不動産の契約は書類を書いて、印鑑を押してすぐ終わりというわけではありません。

審査や保証人など、色々とあります。

ここで、ある程度の契約の流れをご説明致します。

1.入居申込書を記入する

2.入居審査

3.審査完了

4.必要書類の準備

5.契約

1. 1.入居申込

自分の情報だけではなく、連帯保証人の情報も記入する必要がある為、あらかじめ連帯保証人になる人(親など)の氏名や生年月日、仕事や年収などをあらかじめ聞いておくといいでしょう。


2. 入居審査

申込者が申し込みをした物件への入居が適しているか、大家さんや物件の管理会社が審査します。

3. 審査完了

入居審査が終了すると審査結果の連絡が来ます。 特に問題がなければ、 契約日・契約金の詳細・契約時に必要な書類などの説明に移ります。

4.必要書類の準備

入居者の住民票や連帯保証人の印鑑証明書などが必要になりますので、ご準備ください。

5.契約

基本的に不動産会社で、 宅地建物取引主任者による重要事項説明や 契約内容の確認などをして契約となります。

お部屋の契約は何度も言っていますが、高額な買い物の為、細心の注意を払ってください。契約の書類など、ちゃんと見て、内容を把握してからサインしてください。

また、分からない事があったら、担当の方にその場で確認してください。後々に後悔しないよう、細かな事でも何でも聞きましょう。

まとめ
契約内容はしっかりと確認する。
わからないことがあったらそのままにせず、すぐに聞く。

前のページへ > 1-7.最終的にお部屋を選ぶポイント |

次のページへ > 1-9.お部屋探しQ&A














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML