ここまでお部屋探しをしてきましたが、いよいよお部屋を決めます!内見をして、おそらくお部屋が決まった方も居ると思います。

では、契約に移りますか・・・。

ちょっと待って下さい。そんな即決で決めてはいけません。

あなたが急いでお部屋を探しているなら、しょうがないかもしれませんが、できるならまだ保留にしてください。

人気の物件だから、「直ぐ埋まっちゃうよ。」と言われるかもしれませんが、実際はどうかわかりません。

確かに直ぐに埋まる可能性もありますが、最後にきっちりご確認ください。

ほんとにココでいいのか、家賃は払えるのか等々、1回冷静になる必要があります。営業マンのトークによって気分が乗って勢いで決めてしまうのは禁物です。

何度も言いますが、お部屋は安い買い物ではない上に、何年も住むと思うので慎重に決める事が大事です。

つまり、何が言いたいかと言うと、冷静になる事を忘れずにお部屋探しをしてください。という事です。

後悔だけはしないようにお気をつけてください。

また、お部屋探し相談所以外で良いお部屋を見つけたのであれば、このタイミングで一度、お部屋の見積もりをして頂ければ、初期費用を安くできるかお調べ致しますので、是非ご利用ください。いったん冷静にもなることができると思うので。

まとめ
お部屋探しは常に冷静な気持ちで臨め!
内見した後にすぐに契約を決めず、お部屋探し相談所など、初期費用が安くなる不動産屋を探すと良い。

前のページへ > 1-6.お部屋の内見で見るポイント |

次のページへ > 1-8.契約の仕方














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML