お部屋を数軒まで絞ったらお部屋の内見に行きます。お部屋の内見とは、実際のお部屋に担当の方と一緒に行って、実際のお部屋を見る事が出来ます。

図面だけではわからないことがたくさんある上に、図面と実際の内見では違う所が見つかるかもしれません。

内見は部屋の雰囲気もわかるので、内見をしてからお部屋の契約になります。

しかし、そんな内見では絶対見ておくべきチェックポイントがあります。

部屋の雰囲気がわかっただけで満足してはいけません。細かい所を確認することで、実際にお部屋に住んでからのギャップが少なくなります。

「こんなはずではなかったのにー」と、思わないためにも内見に行く際には、きちっと準備をしてから行きましょう。

内見でチェックするポイント一覧

内見時に持っていくと便利なもの
・メモ帳とペン質問事項を書いておいたり、色々な事をメモする為
・メジャー家具が実際に入るかどうか調べたりする為
・ビー玉部屋の傾斜をチェックする為。
チェックポイント(室内編)
・事前にもらってあった情報と実際の間取りや設備概要に相違はないか
・日当たり、方角はどうか。
・自分が持っている家具は、この部屋に入るかどうか
・周囲の生活騒音はどの程度か。また気になる臭いはないか
・収納スペースはどの程度あるのか、またそれは押し入れかクローゼットか。
・部屋の中にコンセントやテレビ端子などが十分あるか
・キッチンの棚や調理台、洗面台の高さは自分の身長に合うか
・給湯設備などは実際すぐ使えるようになっているか、水やお湯の出方や流れ具合はどうか
・とくに女性で1階の物件の場合、外から部屋の中を覗かれないように目隠しなどがあるか
チェックポイント(建物敷地内)
・エントランスホールや廊下、エレベーターなどの共有部分がきちんと管理されているか
・ゴミ袋が乱雑に、時間外に置かれていないか、ゴミ置き場がきれいになっているか
・駐車場、駐輪場の有無、建物からどのくらい離れているか、屋根は付いているかどうか


内見のチェックポイントはこんな所です。しかし、内見だけでは部屋の中を中心に見る為、周りの環境や、コンビニやスーパーなどが近くにあるかなどお部屋以外の周りを見る事も必要ですので、内見とは別にお部屋の下見に行くことをオススメします。

下見のタイミングは、内見したその日にお部屋の契約を決めたいのであれば、内見の前に行っておくことをオススメします。

あと、下見でよく言われるのが、昼と夜、土日と平日によって、周りの環境がガラっと変わる可能性がある為、時間に余裕があれば、下見に行くタイミングを変えて何回か行くことをオススメ致します。

まとめ
内見時にはしっかり事前準備をしてから行く
お部屋の周りの環境を知る為にも下見に行く。(できればタイミングを変えて何回か)

前のページへ > 1-5.お部屋探しの条件で"ココは重要"という条件 |

次のページへ > 1-7.最終的にお部屋を選ぶポイント














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML