お部屋探しを開始する時期は、少なくても1か月前から始めた方がいいです。

お部屋の申込をしてから審査、契約、家賃発生まで1週間から2週間と考え、さらに引っ越し業者の事も考えると更に1週間増え、3週間。お部屋を探すのに1週間と考えると約1ヶ月前なので、新生活を開始する1ヶ月前からお部屋探しを開始すると良いと思います。

また、実家から引っ越す方と、賃貸から賃貸へと引っ越す方では、若干違いがあります。

実家から賃貸へ引っ越す方は問題ないのですが、賃貸から賃貸へ引っ越す方は注意が必要です。

それは、二重家賃が発生する可能性があるからです。二重家賃とは、今住んでいる家賃と新居の家賃を両方払ってしまう状況のことです。基本的には、今住んでいる家を出る際には一ヶ月前に不動産会社や大家さんに連絡しなければいけません。

引越しするアパートやマンションを決めて、賃貸借契約を結ぶと、通常その日から日割り計算で家賃が発生します。借り手の方からすれば、住んでもいないのに、家賃を払わなくてはいけないのです。

引越し先が決まってから、現在住んでいるところの契約を解約するのが、一般的なパターンです。しかし、これだと引越し先と現在住んでいるところの、両方の家賃を支払うことになります。

二重家賃を安くする、なくす方法はコチラ 1-3-a

お部屋探しから引っ越しまでの期間は約一ヶ月と考えて、動きましょう。

お部屋探しの時期(季節・月)

お部屋探し、引っ越しをするピークはいつかわかりますか?

大体の人は、知っているかもしれませんが、1月〜3月が一番のお部屋探し・引っ越しのピークです。

進学、就職、転勤など、環境が変わるタイミングとして最も多いからです。

また、9月〜10月もまずまず多いです。

特に1月〜3月にお部屋探しをなされる方は注意が必要です。この時期は、新規の物件が出たら、すぐ埋まってしまう、いわばライバルが多い時期なので、上記で説明した1ヶ月前からお部屋探しを開始しても遅い場合があります。

しかし、二重家賃との兼ね合いがある方は難しいかもしれません。まあ一ヶ月前から始めても物件は十分あります。

実際、物件は生き物なので、巡りあわせとか運、タイミングも重要になってくるので、一概に早く始めたからといって良い物件に巡り合うとは限りません。しかし、少しでも良い物件を探すなら、やはり早くから始めた方が良いと思います。

9月〜10月にかけては、1月〜3月ほどではないですが、できるならば早めに動いた方が良いです。

それ以外の月は、基本的には1ヶ月前からお部屋探しを始めても問題ないと思います。

まとめ
お部屋探しを開始する時期は、少なくても1か月前から始めた方がいい
賃貸から賃貸へと引っ越す方は二重家賃に気を付ける
1月〜3月が一番のお部屋探し・引っ越しのピークなので、この時期にお部屋探しをするなら、より早く始めたい。

前のページへ > 1-2.お部屋探しをする際の専門用語 |

次のページへ > 1-4.お部屋探しのタイミング














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML