お部屋を探し始める際に、まず必要な事は、言葉を覚える事です。

「えっ、そんなの面倒くさいよ」「勉強なんかしたくないよ」と言われる方も居ると思われますが、基本的にお部屋探しは、普段なじみのない不動産用語や、知っているようで実は知らない言葉もたくさんあります。

はっきり言って、初めてお部屋探しをする方にとっては分からない言葉だらけなので、よく意味がわからないまま契約してしまって、後から後悔するパターンがよくあります。

よって、まずは言葉の意味を理解することです。これは、早めにやっておくと良いというだけで、実際に物件を探しながら、意味がわからない言葉があったら調べるという形でも大丈夫です。

お部屋探し相談所では、「お部屋探し用語説明」というページで専門用語を紹介していますので、是非ご参照ください。

まとめ
お部屋探しの専門用語を知っておかないと、後々後悔する。
時間に余裕があれば、先に覚えておいて、時間がなくても、わからない言葉が出てきたら、すぐに調べる。


前のページへ > 1-1.お部屋探しでまず一番にやる事 | 

次のページへ > 1-3.お部屋探しのタイミング














 第1位     池袋駅
 第2位     大塚駅
 第3位     要町駅
 第4位     田端駅
 第5位     大山駅


HTML